2017年入試・2018年入試・2019年入試 合格実績(抜粋)

2018年度卒塾生の声

修道高校出身
松田 俊介くん岐阜薬科大学薬学部 合格
僕は高校1年生の時、英語が特に苦手だったため英語の先生が良いという評判を聞き、啓仁館に入塾しました。実際、授業を受けると、評判以上に英語の宇野先生の授業は分かりやすく、気づいた時には苦手だったはずの英語が得意科目になっていました。また、数学の鈴木先生の授業は、ただ問題を解く技術を教えるのではなく、なぜ、どうして、そうなるのかという考え方、発想の着眼点に重きを置いたものなので、初めて見るような問題でも解くとっかかりを見つける能力が養われました。
なにより啓仁館に入塾して良かったと思えた点は、切磋琢磨でき、不安なことも打ち明けられるライバル・友人を作ることができることだと思います。
最後に、啓仁館で学べて本当に楽しかったです!ありがとうございました!!
尾道北高校出身
保科 亮太くん横浜国立大学経営学部・同志社大学商学部 合格
私は啓仁館に高3の夏から入りました。啓仁館に入る前は、数学を何となく解いて、何となく復習しての繰り返しで、実際数学の点数は、半分取れたらいいほうでした。このままでは、センターで数学が大きな失点の種になってしまうので、数学を根本から見直すことにし、啓仁館に入りました。啓仁館では毎週2回授業を受け、週の初めの授業で基礎知識である公式を身に着け、次のPals(パルズ)で公式を用いて問題を解き、公式の再確認をしました。この週2回の授業のおかげで、公式をなかなか覚えることができなかった私も、覚えて実践する学習スタイルが定着し、センター数学に通用する実践力をつけていくことができました。ここまで自分がやり切れたのは、数学の苦手意識を克服したいという明確な意思が持てたことと、生徒のことを第一に思ってくれる啓仁館の優しい先生方がいたからこそだと思います。啓仁館の先生方は、授業を分かりやすく丁寧に行い、また質問すると優しく対応してくださるので、質問に行きやすく、数学がより一層楽しく感じられました。私が志望大学に受かることができたのも啓仁館のおかげなので、ここに入れて幸せだったと思います。
舟入高校出身
友歳 春奈さん千葉大学教育学部・ 関西学院大学教育学部・関西大学社会学部 合格
私は2年の夏に入塾しました。
3年の夏まで部活を続けたので、引退後は朝7時すぎに学校に行き下校時間まで勉強、そのあと塾の自習室で頑張る生活を続けました。
啓仁館は本当にアットホームな雰囲気で先生との距離が近いので、進路・勉強法はもちろん、ちょっとした悩みや学校生活のことなどもたくさん聞いてくれます。そのおかげでメンタルの弱い私でも受験期を乗り越えられました。
私のオススメは9割勉強法です!その日にやりたいことを9割に抑えることで、計画倒れを防ぎ、続けやすくなります(たとえば問題集を解くときに、答え合わせだけは翌日!など)。
周りの環境は本当に大切です。どんなに辛くてもここなら頑張れる、という環境を自らさがし、つくりだすことが合格への大きな道標になると受験期を経験して思いました。
私にとって啓仁館は最高の環境でした、ありがとうございました!!
舟入高校出身
山本 真彩子さん広島大学総合科学部 合格
テストで18点を取っても、嫌いな数学だしどうでもいいと思っていました。数学は学校の授業以外触れることもありませんでした。高2の頃の私です。このままではいけないと思いつつも、既に内容がわからなくなりすぎて、何をどうしたらよいのかさえも分かりませんでした。
それまで塾に入っていなかった私は塾に入ることを決意。いくつか説明を伺いに尋ねた中に啓仁館がありました。先生や事務員さんのアットホームな雰囲気を肌で感じ、少人数の授業や自習室の様子に惹かれ、「ここだ!!」と思いました。
私は平日が1日だけお休みの忙しい部活に入っていたので、両立できるか不安でしたが、先生に私の得意不得意や伸び具合、忙しさを考慮したアドバイスをたくさん頂き、最後までやり遂げることができました。
苦手だった数学はそれまでやっていなかった分やはり苦労しましたが、悔しいと感じることがあるまでに成長しました。そして数学以外でも、自分でも集中しているなと思うほど勉強を一生懸命やっている時間をとても楽しいと感じました。点数の伸びももちろんですが、自分がどうでもいいと思っていたことに対して一生懸命取り組めるようになったことや、私は意外と頑張れるのだと気づけたことは本当に嬉しく、価値があることだなあと感じます。
そうした受験ができたのは生徒に対して真剣に向き合ってくださり叱ったり励ましたりしてくださった先生方、がんばれと声をかけてくださったり褒めてくださった事務員さん、一緒に頑張ろうと声をかけ、そして背中で頑張る姿勢を見せてくれた啓仁館の仲間のおかげです。本当に感謝しています。心からありがとうございました。大学でも勉強や自分の興味のあることに対して一生懸命努力していこうと思います。
廿日市高校出身
舛田 奏大くん愛媛大学理学部 合格
僕は高3の春から啓仁館に通い始めました。入った頃は受験科目も絞っていて、少ない科目で入れる山口大学の工学部を受けようと考えていました。しかし、山口大学のオープンキャンパスに行ってみると「ちょっと違うな」と思い、大学も学部も変え、受験科目も国語と地理と化学の3教科を増やしました。そのときはもう10月になっていました。
それからは塾や学校で、国語や地理、化学は基礎から勉強しなんとか希望の大学の学部に合格することができました。驚いたのは途中から増やした国語と地理で高得点を取ることができたことです。だから覚えておいてほしいのは「もう遅いから無理だ」と思わないでほしいことです。啓仁館の先生方も無理だと言わず精一杯応援してもらえました。自習室がいつも静かで家がちょっと遠くてもいつも「自習しに行こう」と思えて、勉強時間がたくさん取れたように思えます。啓仁館で勉強できてよかったと思っています。ありがとうございました!
五日市高校出身
阿比留 祥太くん広島市立大学情報科学部 合格
私は高校3年の4月に、同じ高校の先輩の勧めで啓仁館に入りました。学校では部活を優先して勉強が疎かになっていた私は、勉強の仕方すらも分からない状態でした。ですが、啓仁館で授業を受けていくうちに最初に知ったのは、分かることの楽しさでした。その楽しさを知ることで勉強に対する取り組み姿勢が変わり、徐々に勉強の効率が良くなってきたことを覚えています。
私は、塾はあくまでも勉強するための場所だと、塾の中でのコミュニティは最小限に抑えようと考えていました。ですが、そう考えていたことをずっと後悔しています。いろんな先生方や生徒さんと関われば関わるほど啓仁館はより良い環境に変化していくと私は考えています。なので、これから受験勉強をする啓仁館の生徒さんにはもっともっとコミュニケーションを先生方・事務の方々・TAの皆さん・生徒の方ととって啓仁館をもっと自分にとって良い環境にしてもらいたいです。
最後に、私の進路実現は、事務の方々含め先生方無くしては成し得ないものだったと思います。1年間、本当にありがとうございました。
なぎさ高校出身
横路 萌さん明治大学法学部 合格
私が啓仁館に通い始めたのは、高1のときでした。中学の頃から音野先生にはお世話になっており、受験の最後の最後まで相談に乗っていただき、感謝しかないです。あまり継続が得意でない私がここまで続けてこれたのは、先生方のフレンドリーさだったり、教え方の丁寧さや、啓仁館という場所が自然と居心地のいいところに思えたからだと思います。
私が本格的に受験にとりかかったのは、高3の時でした。特に、夏休みの勉強合宿では、3日間英語だけを集中的にやり、英語をがっちり固めることができたおかげで、休み明けから世界史などの暗記物に手をつけることができました。
この塾でよかったと心から思えた受験生活でした。3年間お世話になりました。
なぎさ高校出身
井伏 芽衣さん同志社大学理工学部 合格
私は啓仁館で学んで良かったと思うことが大きく2点あります。
まず初めに先生方が1人1人に寄り添って下さるため、心置きなく自分の目標に向かい励むことができた点です。
私は部活動を続けながら塾に通っていたため、引退までは部活動中心の生活でした。「部活動を最後までやりきりたい」という思いの中でも、幾度もの面談を重ねることで、計画的に明確な目標を立てることができました。先生方との密な相談が、自ら納得した目標設定に繋がり、部活動への集中、引退後の受験への素早い切り替えを生んだのだと実感しています。
次にやる気を自然に引き出せる環境にある点です。
大学受験の先輩であるTAの方々や、先生を通じてOB・OGの先輩から学生生活の様子を聞き、理想像を思い浮かべることがモチベーションとなりました。また空き教室での自習は各自に仕切りがないため、皆が勉強している姿を見て、自分自身もっと頑張ろうと多くの刺激を得ることができました。精神的に追い込まれる受験期も、先生方をはじめとする啓仁館の仲間がいたからこそ乗り越えることができたのだと確信しています。
受験に関わって下さった皆様に感謝申し上げます。

2017年度卒塾生の声

国泰寺高校出身
藤澤 航也くん九州大学理学部・東京理科大学理学部・立命館大学理学部 合格
僕が啓仁館に入ったのは高校2年の冬期講習からでした。それまで僕はやるべきことをなんとかやっていたくらいで本当に大学を目指す気はあるのかと言われても仕方がない状態でした。そんな僕の意識を変えてくれたのは啓仁館の先生方でした。学校よりもはるかに高い目的意識と広く深い学習内容に自分の足りないものをこれでもかとつきつけられました。その時は目の前のことで精一杯でしたが、今の自分はその経験のおかげだと断言できます。
僕が啓仁館に入ってから最も伸びたと思う教科は英語です。特に塾で使った単語帳「単語王」とその単語テストは、3年生になってからのたった1年でこれまでとは比べられない程のペースで僕の語彙力を鍛えてくれました。授業を受け持ってくれた先生はとてもユーモアあふれる方で今でも印象に残っている話がたくさんあります。僕の得意科目の数学では字の汚さと論述の不適切さを何度も指摘されながら受験に対応できる記述力を身に着けることができました。
啓仁館で勉強できて本当によかったと思います。ありがとう!!
なぎさ高校出身
鎌田 なるみさん神戸大学国際人間科学部・立命館大学スポーツ健康科学部 合格
啓仁館は文武両道のできる塾です。私は高1から部活を続けながら、啓仁館に通い続けました。その中でも部活への理解を示していただきながらも、しっかり基礎を固めていただきました。高3の引退まで部活をし、そこから本格的に受験勉強を始めたけれど、気持ちを切り替えて、最後までやり抜くことができたのも啓仁館のおかげだと思います。
また、啓仁館は先生と生徒の距離の近さが最大の特徴です。他の塾ではありえない程、先生という存在が近くにあり、とても親身になって生徒のことを考えてくださいます。そのため勉強の質問はもちろんのこと、進路や学校の相談も気軽にできます。私は啓仁館の先生方が近くで見守ってくださったので、頑張ることができました。長い間、本当にお世話になりました。ありがとうございました。
なぎさ高校出身
木田 大智さん広島大学情報科学部・立命館大学理学部・関西大学環境都市工学部 合格
僕は高2の春に啓仁館の己斐校に通い始めました。己斐校では、同級生はもちろんのこと先輩・後輩とも仲が良く、先生がたもとても優しく、いろいろな質問・相談を親身になって答えてくれました。特に広島大学入試の直前期には、僕が苦手な英作文を優しく丁寧に駄目なところを指摘してもらいました。また、同級生と頑張ろうと励まし合ったり、時には点数を競い合ったりして、共に受験という戦いに挑み、皆合格することができました。受験は個人戦ですが、ある意味では団体戦でもあります。啓仁館は、とてもいい雰囲気で勉強ができ、ライバルと競い合うことができるとてもいい塾だと思います。僕はこの塾に入ってとても良かったと思っています。
井口高校出身
相原 琴美さん愛媛大学工学部 合格
私が啓仁館に入ったのは高1の冬期講習からでした。私が啓仁館に入って良かったと思うところは、私の志望校合格への思いを担任の先生やTAの方々が常に真剣に聞いてくださったところです。先生方からは模試の結果からこの教科を勉強した方がいいよなどと指摘をいただき、TAの方々からは実際に具体的な勉強法を教わり実践することで成績向上に繋がりました。私が1番思い出深いのは夏合宿です。大量のプリントを周りの人と競いあいながら長時間解き続けました。身体的にもかなりきつかったですがみんなが頑張っているから自分も頑張れる、と思って過ごした3日間でした。
どんなに辛くても仲間や先生方に助けてもらうことで頑張ることができました。高校とは違う雰囲気でみんなが志望校合格に向けてひたむきに努力できる環境である啓仁館で勉強できて良かったです。ありがとうございました。
井口高校出身
長田 奈々さん広島市立大学国際学部 合格
私は高3の6月に啓仁館に入りました。それまでは部活中心の生活で受験勉強と言えるようなことはほとんどしていませんでした。啓仁館の授業はとてもわかりやすく、塾に入ってからは順調に成績が伸びていきました。また、周りには頑張っている仲間がたくさんいて、常に刺激を受けて、自分も頑張ることが出来ました。分からないところが出てきたらすぐに質問に行き、先生やTAの方々はいつでも自分が理解するまで何度も丁寧に教えてくださいました。そのおかげで、苦手な数学がだんだん解けるようになり、英語も文法など新しい知識をたくさん得ることができ、点数が上がりました。受験勉強の中で、やる気がなくなったり、不安になることが多々あったけれど、その度に相談に乗り、アドバイスをしてくださり、最後までモチベーションを保つことが出来ました。センター試験後も英作文をたくさん添削していただいて、試験本番では添削していただいた内容を生かして書くことが出来ました。先生にたくさん頼った私に、たくさん時間をさいてよくしてもらって、感謝の気持ちでいっぱいです。啓仁館のすてきな環境で勉強できたからこそ、辛い受験勉強を最後まで頑張ることができ、行きたい大学に合格することが出来ました。啓仁館に通えてよかったです。ありがとうございました!!!
井口高校出身
須澤 希衣さん県立広島大学経営情報学部 合格
高2の夏、私はまだ大学受験を真剣には考えていませんでしたが、苦手な数学を3年生になるまでに克服したいと思い、友人の誘いもあってこの啓仁館に入塾しました。
私が一番思い出に残っているのは、夏の合宿です。朝早くに起床し1日中勉強することは決して楽ではありませんでしたが、周りのみんなの頑張りに刺激を受け、限界まで「とことん」やり遂げるという目標を達成できたと思います。また、数学科の鈴木先生・久保田先生、英語科のランディ先生・音野先生、TAのみなさんの丁寧な指導のお陰で、夏休み前よりも確実にパワーアップすることができました!
センター試験や2次試験の直前には不安と緊張で押しつぶされそうになりましたが、啓仁館の先生方はずっと私のことを励まし続けてくださいました。
大学合格がゴールではないので、啓仁館で学んだことをこれからの大学生活に活かしていきたいと思います。1年半啓仁館で過ごして素晴らしい先生方・大好きな友達と出会えて本当によかったです。

2016年度卒塾生の声

国泰寺高校出身
今井 康平くん
名古屋大学理学部 合格
高1の時は大学入試なんて先のことだと思って、まったく勉強をしていませんでした。すると、学年順位がほぼ最下位、国公立にも行けない、おまけに、学校の授業がほかの言語ではないのかと思えるくらい学習内容が分からなくなってしまいました。このままではいけないと思い、1年生の冬期講習に体験授業に行きました。ランディ先生の英語の授業はとにかく面白い。大島先生の数学の授業は熱血で、かつわかりやすい。そして、アットホームな雰囲気だったので質問がしやすい。僕は体験に行った初日で啓仁館に入ろうと決意しました。
家では勉強できないタイプの人間だったので、積極的に自習室を活用していたのですが、自習室の外にはいつも先生が待機していて、授業外でも質問をすることができてとても助かりました。また、担任の先生がいつでも悩みを聞いてくれたので、安心して受験勉強を進めていくことができました。
1番印象に残っていることは、センター試験で思うように点数が取れず志望校を下げようと自信をなくしていた僕に、「本当にそれでいいの? 志望校を受けんさい。」とアドバイスしてくださったことです。これがなければ、僕は名古屋大学に合格できなかったと思います。
僕は、啓仁館に出会えてよかったです!本当にありがとうございました。
ND清心高校出身
髙橋 菜々美さん
大阪大学外国語学部・同志社大学地域グローバル学部・立命館大学法学部 合格
私が啓仁館に入ったのは高3に入ってからでした。理由はそれまで行っていた塾がなくなったからでした。正直、前の塾は楽しかったし先生もよかったので初めはあまり乗り気ではなかったですが、塾の形式が似ているからという理由で啓仁館を選びました。でも、入ってみると、先生は熱心だし周りから刺激をもらえるし、今では啓仁館に入って本当によかったと思います。特に苦手だった数学とまともに勉強してこなかった英文法がなんとかなったのは、啓仁館の先生のおかげです! 二次の英語もたくさん添削していただいて、1ヶ月足らずで飛躍的に伸ばすことが出来ました。先生には今までないくらいの添削量だったと言われましたが、大手の塾ではここまでつきあってくれないと思います。たった1年間だったけれど、啓仁館には本当にお世話になりました。ありがとうございました。
なぎさ高校出身
児玉 茜さん
北海道大学医学部保健学科 合格
啓仁館の魅力、それは生徒と先生との距離が近いこと。これは啓仁生ならば誰もが実感したことだと思います。自習に行っただけの日でも、先生方と言葉を交わさずに帰るということはほとんどありません。この距離感だからこそ質問も気軽にすることができ、些細なことも聞くことができました。このおかげで、難しい問題を解く上で重要な基盤を固めることができました。
また、学力の面だけでなく精神的な面でも何度も助けてもらいました。正直、受験において前向きな気持ちを保ち続けることが何よりも重要だと思います。辛いことがあった時、もう勉強したくないと思ったそんな時こそ、塾に行ってみてください。絶対に手を差し伸べてくれる先生方がいます。
受験はあくまで通過点に過ぎず、大学に行ったところからがスタートです。そしてその中で塾は勉強する手段でしかありません。でも受験の日々をただ無機質なものにするのではなく中身のあるものにして欲しいです。辛い日々を共にした友達や、受かった時には家族のように喜んでくれた先生方の存在は私にとって大切なものになりました。一人で頑張っている気になっていましたが、たくさんの人に助けられていたからこそ頑張れたことに気づくことができました。
最後に、浪人してまで北大に行くということを諦めずに貫けたのは家族・友達・先生方の支えがあったからこそです。本当にありがとうございました。
舟入高校出身
関野 政太くん
広島大学教育学部・明治大学国際日本学部 合格
啓仁館の先生方は生徒一人ひとりを大切にしてくれます。そのことがよく分かる啓仁館の普段の様子を紹介します。
私たち啓仁生は授業がないと、自習室で勉強をしています。そこで分からない問題があれば先生に気軽に質問をすることができます。この時、もし以前に同様の問題を先生に質問したことがあると、「これと同じような問題、この間も質問に来たよね。」と見抜かれてしまいます。もちろん先生は再度丁寧に解説をしてくれます。私たち生徒は日々多くの問題を質問しに行きます。それでも先生方はどの生徒がどんな問題を質問しに来たかを覚えていてくれるので、生徒をとても大切にしてくれているのだなと感じます。また先生方が生徒それぞれの得意分野や苦手分野を把握してくれているということは、私たち生徒にとってとても心強く、受験でもとても有利です。
さらに啓仁館の先生方は生徒との距離がとても近いです。啓仁館の先生方は積極的に生徒と会話をしようとしてくれます。そのため進路や受験に関する悩みを相談しやすく、結果として受験勉強にも専念することができます。
私は啓仁館の先生方に全幅の信頼を寄せています。だからこそ、どんなに迷ったときでもゴールに向けて突き進むことができたのだと思います。
先生方が生徒一人一ひとりを大切にしてくれるからこそ生まれる先生と生徒の信頼関係は、啓仁館がもつ最大の強みです。
舟入高校出身
野村 朱里さん
広島大学教育学部・関西学院大学社会学部 合格
私は、広島大学教育学部第一類初等教育教員養成コースに後期で合格しました。
前期で落ちたのはとてもショックでした。私は自分が前期試験に落ちると思っていなかったので、小論文対策を全くやっておらず基礎知識もない状態だったのですが、ランディ先生や久保田先生など様々な方のサポートのおかげでなんとか短期間で仕上げることができました。とても感謝しています。久保田先生の、教育についての専門的な知識や体験談はすごくためになったし、本番でもいくつか参考にさせていただきました。後期まで頑張る仲間もいて、最後まで良い環境で勉強することができてよかったです。
自分的には、前期で落ちた時、どれだけ早く切り替えられるかが勝負だと思います!あと、センターで良い判定が出ても気を抜かないことが大事だと思いました。私は、後期までの勉強から、たくさん学ぶことがありました。小論文についてはもちろんですが、なぜ教師になりたいのかを振り返ったりして、自分自身と向き合うことができ、とても良い機会だったと思っています。貴重な体験でした。だから、次に受験するみなさんたちも、後期まで諦めずに頑張って欲しいです。
ND清心高校出身
尾野 萌さん
広島大学理学部学部・同志社大学理工学部・関西学院大学理工学部 合格
私は高3の9月に啓仁館に入塾し、苦手だった数学を受講しました。入塾した当初は、授業についていけるのかという不安と、すでに9月だったので、入試までに克服できるのだろうかという不安にすごく襲われました。しかし、授業ではとても丁寧に分かりやすく教えて下さり、また啓仁館はとてもアットホームな塾で先生にも質問しやすかったので、そのような不安は徐々になくなっていきました。
数学は一番苦手でつらい科目でしたが、苦しいときには先生方に励まされ、沢山支えられて、入試を乗り越えることができました。センター後も多くの添削課題を見て頂き、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
啓仁館は多くの魅力に溢れる塾です。啓仁館の先生方を信じて、みんなで助け合いながら大学受験を乗り越えていってください!!
なぎさ高校出身
吉武 菜々子さん
同志社大学文学部・関西学院大学文学部・立命館大学文学部 合格
私が大学受験に向けて本気で勉強し始めたのは高2の夏にオープンキャンパスに行ったことがきっかけでした。それまで自分のやりたいことや進路については何も考えていませんでしたが、オープンキャンパスで刺激を得た事で進路が決まり、いち早く目標に向けて勉強することができました。
そこから受験勉強がスタートしたのですが、スランプが頻繁に来て、今まで読めていた英文が読めなくなったり、単語が覚えられなくなったりなど何度も行き詰まりました。そんな時多くの先生方やTAの方々にアドバイスをもらった事でなんとかスランプを乗り越えることが出来ました。
啓仁館の良いところの一つに何でも相談できる雰囲気という所があります。勉強とは関係ない悩みや世間話などを気軽にできる安心感が勉強のモチベーションを保ってくれていました。
勉強嫌いで飽き性の私が勉強を続けられたのも啓仁館のアットホームな雰囲気や親切な先生方とTAの方々のおかげです。本当にお世話になりました!
塾に通いたいけど、どこに通うか迷っている方は是非啓仁館へ行ってみて下さい!
廿日市高校出身
向井 真優理さん
広島市立大学情報科学部 合格
高3の1年間をふり返って思い出されることは啓仁館でのことばかりです。
特にセンター試験が終わってからの2ヶ月間は苦しくしんどく、でも今思えば充実していました。
二次試験が数学だけだったこともあり、毎日とにかく数学、数学、数学…。ひたすら束で出す添削プリントを先生方は丁寧に見てくださり、毎回毎回四則計算のミスや式の途中でなぜか符号が変わっていることに、あきれながらもつきあってくださいました。
また、前期試験で残念な結果となったとき、一緒に悲しみ、私より怒り、そして励ましてくださいました。
啓仁館の先生方はとてもあたたかくいろんな相談にのってくださいました。また、私のよく分からない質問やほぼ文句のような疑問に対して私が納得するまで一緒に考えたりいろんな例を出して教えてくださいました。
また共に闘った仲間たちはとても個性豊かでにぎやかでした。そして、分からないところは教えあったり、互いに励ましあえる、ステキな仲間たちでした。
こんなあったかい啓仁館だったからこそ、苦しくても最後の最後までがんばれたのだと思います。
啓仁館での出会いと学びを大切にし、これからの人生を「とことん」楽しみたいと思います。
啓仁館 ありがとう。